お問い合わせはこちらからどうぞ

025-283-7288 受付時間 /平日8:30 ~ 17:00

食肉製造販売 株式会社ウオショクへようこそ!

自社ブランド商品

新潟県産 雪室熟成豚

豊かな自然が生んだ、雪国からの贈り物。

― 新潟の素晴らしい食材と雪室の融合 ―
良質な新潟県産豚肉と新潟の伝統的な保存技術の組み合わせ!
雪室でゆっくり時間をかけて熟成することにより、酸素の働きで、肉の繊維が壊れ、たんぱく質が分解され遊離アミノ酸の含有料が増加します。これまでにない柔らかさと旨さを引き出しました。

「雪室熟成」「スノーエージング」「雪室エージング」は、株式会社ウオショクの登録商標です。
登録番号 第5408313号

雪室(ゆきむろ)とは―  おいしさを引き出す、天然の冷蔵庫

冬に降った雪を地面に掘った穴に集め、ワラなどで覆った「雪室」は、生鮮食品の冷蔵保存に利用されてきました。昔からある、雪国の知恵です。現代では、大量の雪を建物の中に貯蓄することにより、大容量かつ長期的な保存が可能な「雪室」となりました。
厳寒期の雪でつくられる「雪室」は秋以降まで溶けず、まるでカマクラのような「雪室」内部の貯蔵空間は、室温1~2℃・湿度90%以上の<低温・高湿度>が安定して保たれます。その環境の中で熟成された食品は、甘みやまろやかさといった”おいしさ”が引き出されます。

雪室の中で新潟県産の豚肉をゆっくり熟成 ~雪室熟成 スノーエージング~

ウオショクでは、この雪ならではの雪室保存技術を利用し、新潟県産の豚肉を貯蔵方法・貯蔵期間など試行錯誤を重ねながら研究してまいりました。
雪室の中の一定した湿度・温度の基で寝かせ雪室熟成(スノーエージング)したものが『雪室熟成豚』です。
雪室は一般の電気冷蔵庫と違い、サーモスタット(温度調節機)による温度管理でなく霜取りも不要なため、常に一定の温度と湿度で保存と熟成ができる室内環境が保てます。
熟成(エージング)をかけた肉は酵素の働きにより、肉の繊維が壊れ、たんぱく質が分解され遊離アミノ酸の含有量が増加することにより旨味が強くなります。柔らかく、しっとりとした旨味の増した豚肉を是非ご堪能ください。

地球にやさしいクリーンエネルギーを利用したECO製法

タダで降ってくる雪を利用する「雪室」は、それだけでエコ。技術が進歩した現代の「雪室」構想は、その先のミッションを積極的に考えています。
雪は環境に負荷を与えないクリーンエネルギー。その雪を利用する「雪室」は現在、温度と湿度をコントロールできる【冷蔵・空調・冷房システム】として技術開発が進んでいます。
また、「雪室」は環境保全だけでなく、災害時の復興支援にもつながります。
水は「雪室」の雪どけ水を二次利用することができ、停電しても「雪室」の冷熱は確保できているので、新鮮で大量の食糧備蓄が可能です。

雪室熟成豚 主要部位

  • ロース
    1本約4~5kg
  • 肩ロース
    1本約2~2.5kg
  • バラ
    1枚約4~5kg

雪室熟成黄金豚 主要部位

  • ロース
    1本約4~5kg
  • 肩ロース
    1本約2~2.5kg
  • バラ
    1枚約4~5kg
商品についてのお問い合わせはこちら
  • 雪室熟成肉
  • 受賞商品
こがね牧農舎

新潟市中央区万代島2-3 AreaB